喘息・アレルギー・リウマチ・花粉症疾患情報

  1. ホーム
  2. 喘息・アレルギー・リウマチ・花粉症疾患情報
  3. 2014年10月18日

これって...アレルギー?...Is It allergy?

2014年10月18日

宮本昭正

アレルギー 喘息 アトピー性皮膚炎などについて

クシャミや鼻水が続くからいつもティッシュがはなせない
咳や痰が続いてゼーゼー・ヒューヒューという音がして苦しい
しつこい湿疹・・・クスリで治ったと思っていたのに・・・またどうして?

あなたの症状がアレルギーかどうか調べて見ませんか?

咳、鼻水、湿疹等の疾患は、症状が同じでも細菌感染、ウイルス感染、 アレルギー等様々な原因があり、その原因ごとにクスリの種類など治療の内容が異なります。
咳や、ゼイゼイ・ヒューヒューを繰り返す幼児の3人に1人、小児の鼻炎患者の10人に7人、乳幼児の3人に1人は「アレルギーが原因」と言わ れています。

目次

  1. アレルギーって何?
  2. アレルギー性疾患の主な症状
  3. アレルギーの治療は?
  4. 原因アレルゲンはどうやって調べるの?
  5. 血液検査で調べられる主なアレルゲン吸入性
  6. 血液検査で調べられる主なアレルゲン食物性

アレルギーって何?

アレルゲン気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどのアレルギー症状は、 症状がでるる場所は異なりますが同じ仕組みで起こります。私たちの体は、ウィルスや細菌から体を守る「免疫」という大切な仕組みによって外敵から 守られています。免疫とは、体に入ってくるウィルスなどの異物を攻撃する「抗体」を作る仕組みのことです。子供のときにハシカにかかった人は大人 になってもハシカにはかかりません。これは子供の時にはハシカに対する抗体が体の中に出来たために、次にハシカのウィルスが体に浸入してきても、 既に存在するハシカの抗体がそのウィルスを攻撃し、やっつけてしまうからなのです。しかし、こんな頼りになるはずの抗体が自分の体に悪い影響を与 えてしまうのがアレルギーです。アレルギーを起こす抗体は「IgE抗体」と呼ばれます。アレルギーの患者さんではこのIgE抗体が体でたくさん作られて いることがわかっています。これをアトピー体質と呼びます。

アレルギー症状を引き起こす原因物質を「アレルゲン」と呼び、スギ花粉、 ダニ、カビ、ペット、昆虫、卵、牛乳など身近にある多種多様なものがアレルゲンとなります。


アレルギー性疾患の主な症状

アレルゲンが体内に入り込む事により,体の中に「IgE抗体」が作られます。IgE抗体は、眼、鼻、肺、皮膚、腸などの粘膜にある 「肥満細胞」の表面に結合しますが、結合しただけではアレルギー症状は起こりません。再びアレルゲンが体の中に入り肥満細胞上にあるIgE抗体と反応すると、 肥満細胞はヒスタミンやロイコトリエンといったアレルギー症状を引き起こす物質を放出します。そのため、多くの場合アレルゲンが進入してきた場所でアレルギー 症状が起こります。

目次にもどる


アレルギーの治療は?

  • 基本は⇒ 「症状を抑える」と「症状を起こさせない」
  • 内容は⇒ 「薬物療法と」「とアレルゲンの除去・回避」

症状がひどいときは、まずクスリで症状を和らげます、同時に、根本治療として原因アレルゲンとのせっしょくをできるだ け回避します。原因アレルゲンを除去、回避することで症状が起きにくくなり、クスリの使用量も減らすことができます。
逆に、原因アレルゲンを繰り返し体内に取り込むとアレルギー症状はどんどん進行していきます。その結果、わずかな刺激でも症状が起きやすくなっつたり、症状が強くなった りして、慢性化、難治化に繋がっていきます。
原因アレルゲンが何であるかを知ることが、アレルギー治療においてとても重要なことになります。

目次にもどる


原因アレルゲンはどうやってしらべるの?

  • 最も一般的に行われている検査は「特異的IgE検査」と呼ばれ、あなたの血液を調べる検査です。
  • 1回の採血で10種類以上のアレルゲンについて調べることができます。

アレルギーの症状は体の中に存在するIgE抗体によって引き起こされます。この抗体の存在があなたがアレルギーであるかどうかを知るカギなのです。スギ花粉症を発症している患者さんにはスギ花粉に対するIgE抗体が存在しますし、ダニにより喘息を起こしている患者さんにはダニに対するIgE抗体が存在します。
この事からあなたの体の中にあるスギ花粉やダニに対するIgE抗体の 有無を調べることにより、その症状がアレルギーによるのか否かを知ることができます。
年令や症状に応じて原因となりやすいアレルゲンはよく知られているので、これらを組み合わせることにより効率的に原因アレルゲンに対するIgE抗体を検出することが出来ます。

目次にもどる


血液検査で調べられる主なアレルゲン

吸入性アレルゲン

花粉

樹  木

スギ・ヒノキ
ハンノキ(属)
シラカンバ(属)
ビャクシン(属)

マツ(属)
カエデ(属)
ブナ(属)
コナラ(属)
ニレ(属)
クルミ(属)
ヤナギ(属)
アカシア(属)
クワ(属)
イネ科植物
カモガヤ
ハルガヤ
オオアワガエリ
ギョウギシバ
ナガハグサ
オオスズメノテッポウ
ホソムギ
アシ
小麦(属)
スズメノヒエ(属)
雑   草
ブタクサ
ヨモギ
カナムグラ
アキノキリンソウ
タンポポ(属)
ブタクサモドキ
オオブタクサ
ニガヨモギ
フランスギク
イラクサ(属)
花粉以外
室 内 塵
ハウスダスト ハウスダスト2
ダ    ニ
ヤケヒョウダニ コナヒョウダニ
真   菌
カンジダ
ピティロスポリュウム
ビール酵母[パン酵母]
ペニシリウム
クラドスポリウム
アスペルギルス
アルテルナリア
トリコフィトン
[白癬菌]
動   物
ネコ皮屑
イヌ皮屑
イヌ上皮
ハムスター上皮
モルモット上皮
家兎上皮
セキセイインコ羽毛
セキセイインコのふん
ニワトリ羽毛
ヤブカ
昆   虫


ゴキブリ

ユスカリ(成虫)
ヤブカ(属)
職 業 性
ホルマリン ラテックス

目次にもどる

食物性アレルゲン

卵白 卵黄 オボムコイド
牛乳
ミルク
チーズ
カゼイン
α-ラクトアルブミン
 β-ラクトグロブリン 
モールドチーズ
豚肉 牛肉 鶏肉 羊肉
魚 / 魚卵
サバ
アジ
イワシ
マグロ
サケ
タラ
カレイ
イクラ
タラコ
甲殻類 / 軟体動物
カニ
エビ
ムール貝
イカ
タコ
ロブスター
アサリ
カキ
ホタテ
穀類
小麦

ソバ
グルテン
ライ麦
大麦
オート麦
トウモロコシ
キビ
アワ
ヒエ
麦芽
豆類 / ナッツ
大豆
ピーナッツ
クルミ
カカオ
エンドウ
インゲン
ハシバミ
[ヘーゼルナッツ]
ブラジルナッツ
アーモンド
ココナッツ
果物
リンゴ
バナナ
オレンジ
モモ
キウイ
スイカ
イチゴ
メロン
アボガド
グレープフルーツ
マンゴ
洋ナシ
野菜
ヤマイモ
トマト
ニンジン
 ジャガイモ
ホウレンソウ
タマネギ
ニンニク
タケノコ
カボチャ
サツマイモ
セロリ
パセリ
その他
ゴマ
マスタード
ゼラチン
ビール酵母[パン酵母]

目次にもどる